Artistas

Synichi Yamamotojp
Synichi Yamamotojp
Synichi Yamamotojp
Synichi Yamamotojp

Synichi Yamamotojp
Synichi Yamamotojp
Synichi Yamamotojp
Synichi Yamamotojp

Synichi Yamamotojp

90年代からメディアートとしてのビデオアートに取り組み、中谷芙二子氏のビデオギャラリーSCANや日本の実験映像のアンダーグラウンドセンターとして歴史を持つImage Forumに参加。映画の手法とは違う「エレクトリック音楽の延長の映像」というアプローチで、国内外のアートフェスティバルなどで作品を発表。モントリオールのニューシネマ&ビデオフェスティバルや、オランダハーグのワールドワイドビデオフェスティバルなどにも選出。00年前後からモーショングラフックムーブメントのなか企業のモーションロゴやTVタイトルなどを数多く手掛けながら、レイハラカミ氏などエレクトロニカ音楽家とアートコラボレーション。

13年以降、Intercity-Expressとオーディオビジュアルライブやアートプロジェクトなど継続的にコラボレーションし、空間的映像作品Noesisを発表はカナダ、メキシコ、サウジアラビア、ベルギーなどで上映された。また現在まで日本科学未来館との映像表現の共同研究を行い、フルドーム3Dによるオーディオビジュアルライブを行った。19年からはアンビエントレーベル12kのCorey Fuller氏と都市の中に静寂を作るアンビエント作品を3作品発表。

2014年のMUTEK Monteral Festival EM15に参加、MUTEK JPとは2017の Edition2以降、ライブだけでなくティザーID、都市回遊形XR、公共空間でのインスタレーション、文化庁分散化ミュージアムなど多くコラボレーションしている。

90年代からメディアートとしてのビデオアートに取り組み、中谷芙二子氏のビデオギャラリーSCANや日本の実験映像のアンダーグラウンドセンターとして歴史を持つImage Forumに参加。映画の手法とは違う「エレクトリック音楽の延長の映像」というアプローチで現在まで国内外のアートフェスティバルなどで作品を発表。

Intercity-Expressとの空間的映像作品Noesisはカナダ、メキシコ、サウジアラビア、ベルギーなどで上映された。また日本科学未来館との映像表現の共同研究を行い、フルドーム3Dによるオーディオビジュアルライブ行う。

2014年のMUTEK Monteral Festival EM15に参加、MUTEK JPとは2017の Edition2以降、ライブだけでなくティザーID、都市回遊形XR、公共空間でのインスタレーション、文化庁分散化ミュージアムなど多くコラボレーションしている。